日記(2017/09/4〜2017/09/08)

2017/09/04
会社に行きたくなかった話。
今日は朝起きたときから会社に行きたくなくて行きたくなくて、ギリギリまでゴロゴロしました。思い切ってサボって街中をぶらぶらするのもいいもんですが、いかんせん有給が少ないのでまじめに会社に行きました。どうでもいいですが、転職すると、有給があまりないので、気をつけた方がいいです。
なぜ会社に行きたくなかったかというと、目標を立てる時期だからです。弊社はビジョナリーベンチャーなので、目標や理念やビジョンが重視される傾向にあり、そこが私の考えとあい容れず、半年に1度の目標設定時期はとても憂鬱になります。
仕事や人生に限らず、ファッションや趣味に至っても、こうなりたいという望みが希薄であり、本当に困ってしまいます。適当な言葉でごまかしたいのですが、それも意外と難しく、結果、ゴールが設定できない自分、何においても正解を「探して」しまう自分を省み、ヘコむということを半年に1度おこなっています。ね、みんな、自分が何になりたいとかどういうことをしたいかって、どうやって決めてるの。

 

2017/09/05
出会ったブログの話。
昨日、そんなことを言っていたら、すごい良いブログにたまたま出会ったので掲載。(無許可ですすみません)

chiyok0.hatenablog.com

若さ溢れる、なんていうと、とても陳腐ですが、ちょっと泣きそうになるくらいキラキラして見えました。圧倒的に未来に向かってる文章は泣きそうになりますね。自己分析も、それを言語化する能力も、とてもいいなぁと思うし、なによりもアイデンティティの指針が「自分ののぞみに誠実であること」っていうのが、素晴らしいなと思いました。
昨日、わたしは自分ののぞみがないわからないと書きましたが、まず対象に誠実であるということがどれほどできていたでしょうか。今日の面談では、目標から逆算するのではなくその場の最善を選んできた人生と自分のことを表したのですが、果たして、その「最善」とは、誰にとってのどういう最善だったのでしょうか。改めて考えさせられるきっかけになった、ていうか、自分ののぞみに誠実でありたいなぁと思いました。
過去記事を漁っていたら、言語学についての記事もあり、懐かしさで死にそうでした。音韻論、やったやった!パズルみたいなの、解いた!ただ、まじで怠け者の言語学専攻だったので、専門用語がでてくるとさっぱりなのが情けないです。

 

2017/09/06
同僚とランチ。
入社以来仲良くしている同い年の4人組がいて、月に一度ランチをしています。最近の仕事の状況にあわせて、別部署の動きを情報収集。仕事の愚痴が飛び出たのを正論でぶっ潰したのは申し訳なかったですが、後半はそれぞれの趣味の動向を語り合い、あっという間に1時間は経ちました。4人とも、深さは違えど別方向にオタクであり、対象にお金や時間を費やしてるという共通点があります。それぞれのフィールドの近況を話し合い、あーだこーだ言うのはとても楽しいです。1人が追いかけてる某韓国アイドルが、活動を再開したらしく、戦いの火蓋が切って落とされたね!とみんなではしゃぎました。


2017/09/07
スタバで人生を考えた話。
目標やビジョンを考えるためにスタバに行きました。京都にいたとき、よく閉塞感を感じるとノートを持ってスタバに行くということをしていたので、懐かしくセンチメンタルな気分に。烏丸御池のスタバ、広くて夜遅くまで開いてて隣が本屋だったから、大好きでした。
「こうなりたくない」という姿をひっくり返してビジョンをたてるといいという、よくある手法を素直に実行し、一通りまとめることに成功しました。途中から上司の嫌なところを書き出す作業になっていた気もしないでもないです。

 

2017/09/08
友人とご飯を食べた話。
以前に会ったときよりしっかりしていて、充実してそうで、勝手に頼もしく思いました。
帰りにジュースくれたので、とてもいい人だなぁと思いました。

 

日記(2017/08/28〜2017/09/01)

2017/08/28
スイートラブシャワーに参戦していました。
スイートラブシャワー、通称ラブシャスペースシャワーTV主催のフェスで、わりと名の知れた若手邦楽バンドやらJ-POP界を牽引してきたベテラン勢やらが山中湖で歌って踊って楽しむ催しです。
出演アーティストのバランスが好みということもあり、今年で3回目の参加になりました。
2日目お昼のポルノグラフィティで初めてライブ中にもみくちゃになるという経験をしました。ライブの洗礼に最初は驚き戸惑いましたが、知ってる曲が流れると箍が外れたように踊り狂うことができたのはとてもよかったです。知らな曲があるようなバンドで前の方に行くなよという気もしますが。とにかく何も考えずにバカ騒ぎする快感は焼酎カラオケと似ていました。ハマる人が多いのもわかる気がしします。
ちなみに個人的ベストアクトは久保田利伸でした。圧倒的にかっこよくてダンサブルでした。

 

2017/08/29
28歳になったのですが、人生いち太っているのでつらいです。28歳の目標は、痩せる、一択です。

 

2017/08/30
昨日は会社の女子4人で飲み会でした。
仕事の話してプライベートの話して愚痴もバカな話もして、初めて飲んだメンバーですが、とても楽しかったです。
たいていの女子会というものが楽しいので、女子会が好きなんだろうなぁと思います。

 

2017/08/31
何かを始めたいなぁとぼんやり思ってみたりします。
新しい環境は得意ではないですが、新しいことを始めるワクワク感や高揚感は感じることができます。最初は0からのスタートなので、何をしてもプラスになるし、わからないことも簡単だったりして達成感も得やすい気がします。が、場合によっては最初はわけわかんないのに怒られたり立ち振る舞いがわからなくてつらかったりすることもあるな、とも思い直しました。
仕事を変わるときは、ワクワク感に加えて前職を辞めた開放感も得られるので、実は結構気持ちの良いものだったりします。何事も辞めグセがつくので続けた方がいいという言説があり、その真偽はわかりませんが、バイトも仕事いろいろ辞めてきたわたしは、たまに、あの快感を味わいたくなるときがあります。


辞めないけどね!

 

2017/09/01
月初なのにあまり忙しくなかったです。
嬉しい。

日記(2017/08/21〜2017/08/25)

2017/08/21
先週末は長野の松本、安曇野へ旅行に行きました。旅行を目的とした(イベントナイズされていない)旅行はかなり久しぶりでした。
松本、安曇野、どちらも雰囲気が良くと自然がいっぱいで心地よいところでしたが、特に松本はオシャレなカフェや若い人向けのご当地酒屋なども多く、何度も来たくなる場所でした。まるで浜松や静岡みたいだなと思いましたが、場所を場所で例えるというのはわかりにくいですね。

 

松本と安曇野で行ったお店の紹介。

野麦
売り切れ前に滑り込めてラッキー。シンプルだけどコシがあっておいしかった。とても腰の低い店員さんが好感度高い。


栞日
オシャの権化だったカフェ。ギリギリ立ち向かえるレベル。活版印刷機がある。活版印刷機は工場(こうば)の匂いがした。


三代澤酒屋
こちらもオシャ。酒屋。地ビール(今風にいうと、クラフトビール?)や日本酒が置いてあった。松本ブリュワリーのクラフトビールデザインがかわいい。ビールやグッズにいちいちWE NEED MORE BEER NOW!って書いてあってバカっぽい。かわいい。

 
たすく
古民家系石釜ピザ。おいしい。塩気がちょうど良かった。


nagi
立ち向かえないレベルのオシャ雑貨屋。ことりっぷには「木立に佇む」って書いてあるけど、思わず笑ってしまうくらい山奥にあるので覚悟していくべき。店の前で蚊に刺されたところめっちゃ腫れた。でもすごく上品でかわいくてそれなりに買える値段の食器にとてもときめいた。


TRACK COFFEE
こういうところが近所にあったらめっちゃ使うけど、なかなかない。店の雰囲気が好みだった。ちょっと青いのがとてもかわいい。

 

リンクがうまく貼れないので検索でどうぞ。

 

2017/08/22
ママレードボーイが実写化されるということなので、私の好きな少女漫画の話をしますね。
そもそも私は少女漫画が好きです。少年漫画はリテラシーが足りず、特にアクションものは強さの階層や攻撃が理解できないので(おそらく無意識で読み飛ばすところが多い)、基本的に少年漫画を好んで読みます。
どっちかっていうと別マ派で、ラブ★コンが連載されてた世代、2000年台前半はだいたいわかる、はず。生活に密着したリアリティあるあれやこれやが好きなので、ラブ★コンとかもめっちゃ好きだし、「友達と思てるやつにキスなんかせーへん」は時代を超えて語り継がれることを期待しています。
あとは、恋愛カタログもすごく好きです。高田くんが死ぬほど好きです。優しくて感情的じゃなくて頼り甲斐があるけど可愛げもあるのでパーフェクトです。風早くん(君に届け)は現実世界にいないけど、高田くんは頑張って探したらいそうなところも夢があってよいです。恋愛カタログは実はずーっとヤるだのヤらないだのって話をしています。
他にも、僕等がいたも好きだし、花男も好きだし、NANA、こどちゃ、カレカノなどなど、いろいろ読んでるつもりですが、ママレードボーイは読んでません。
ちなみに最近読んでいるのは『A子さんの恋人』『1122』『あなたのことはそれほど』です。偶然にも不倫ものが2つ。おもしろいです。


2017/08/23
気づいたら8月下旬だったので驚いてます。

 

2017/08/24
昔から詰めが甘いのですが、今の仕事は詰めの甘さが存分に発揮されまくってて、死ぬほどミスをしています。
基本的に80%くらい終わると満足する、なんなら、終わりそうという目処がついたら満足するし、見直しという作業が死ぬほど面倒だと思っています。確認をする、ミスのないように気をつけるっていうのは、あえて筋肉を動かすというか、自然に反した動きをしないとできません。一連の流れで最後までやりきることはできず、やり終えるぞという強い気持ちがないとできません。
面倒くさがりな性格のせいだと思っていたけれど、もしかしたら、終えるのが怖いのではないか、完了して結果を見るのが怖いのではないか、評価されるのが嫌なだけなのではないかという可能性が頭を擡げました。オードリー若林さんが、人見知りってのは知らない人にいじられるのが嫌なだけ、プライドが高いだけって言ってましたが、なんとなくそこと通ずるものがあるような気がします。失敗が怖いというより、失敗したという結果を見るのが怖いというか。

最近考えていることです。

 

2017/08/25
メモに、「予備校と二日酔いの話」と書いてありました。予備校と二日酔いの話、とは。

 

f:id:daaaaa8:20170831220921j:image

f:id:daaaaa8:20170831221654j:image

日記(2017/08/14〜2017/08/18)

2017/08/14
世間はお盆休みですしね〜ってヘラヘラしながら仕事をすることに成功しました。今週はこの調子で乗り越えようと思います。

 

2017/08/15
昨夜は大学時代の友人が急遽泊まりにきました。うちに泊まればトゥルースリーパーで寝られることが最大の売りです。
最近引っ越した友人の部屋の写真をインスタグラムで観察。グレーがかった水色と白をベースに、花瓶やグリーンがアクセントになったとてもオシャな部屋で、私も部屋を整えたい欲がわきました。部屋に関してはモデルルームのような部屋に住みたい気持ちと本とかCDとか好きなものをざっくばらんに身の回りに置きたい気持ちとオシャレすぎて機能性がクソなものに対しての恨みが拮抗しており、さらに予算とかもあって、なかなかうまくいきません。
インスタグラムといえば、お昼休みには同僚の友人インスタグラマー観察する遊びをしました。フォロワー数と飼い犬のランクは比例することを学びました。悪い遊びでした。

 

2017/08/16
今日は焼肉を食べに行きます。
好きな焼肉は、塩タンとホルモンです。
ご飯もビールも冷麺も全部欲しい派です。
肉はレアが好みです。
わたしは肉の臭みがわからない女なので、生でも獣でも、肉でありさえすれば、なんでも美味しくいただけます。

 

2017/08/17
昨日は唐突な焼肉ポエムをすみませんでした。
今日は通院のため、定時に仕事をあがりました。ただの歯医者なんですけど、土日に予定を入れすぎて平日しか行く時間が取れなかったただの歯医者なんですけど、通院っていうとおおごとに聞こえますね。まぁそんなこんなで定時に帰ってるわけですが、定時に帰れる日なんて稀なので、しかも明日は休みなので、抑えきれない高揚感を持て余しています。歯医者へも道行く人々とエアーハイタッチをかましながら向かいます。通院後訪れたラーメン屋ではラーメン半ライスセットを頼むも、半ライスが出てこず、店員さんに声をかけると「ライスは100円です」と言われ、咄嗟にやや語気を強めながら「頼みましたけど?」と言ってしまったことにより、ライスの食べたさを店内に知らしめる結果になり、あぁごめんなさい家系ラーメンにはごはんっしょって思ってごめんなさい依然ぶくぶくと太り続けているのにごはん頼んでごめんなさい、という気持ちになりながらラーメンを食べました。懺悔と後悔が絡みあうスープは罪の味がしてとても美味しかったです。

 

2017/08/18

リハビリのような日記を書き始めて3週間が経ちました。飽きるまでは続けようと思ってます。

日記(2017/08/07〜2017/08/11)

2017/08/07
日本に台風が接近?上陸?しているらしいです。
弊社は自主帰宅を促す対応に留まったのですが、部署の半分以上は定時前に帰宅、残りもほぼ定時で帰宅していました。社内もなんだか浮かれていて、上司は隣の席でずっと台風情報を見ているし、いや仕事しろよって思ってたら、隣の部署の人に「台風ってどうなってますか?」って聞かれたりして、わたしは気象庁でもないのでわかりませんっていうのを包んで包んで答えたりしていたら1日が終わりました。
連休明けとしては悪くないと思います。

 

2017/08/08
これを書いているのは8/9ですが。
いっぱいお酒を飲んで後悔しています。周りの人全記憶が消えていてくれと願ったのは1ヶ月ぶりくらいです。
翌朝見たラインの履歴によると、酔っ払っても正解のラインスタンプ送ってました。判断力。


2017/08/09
あ〜〜酒が残ってる〜〜って思いながら午前中を過ごしました。
どうやらすっぽり記憶が抜け落ちてるところがあるらしく、いろんな人から「昨日大丈夫でした?」って聞かれましたが、まず、あなたと話した記憶がございません。名言吐いてたらしいのですが、その言葉の意味も意図もシチュエーションも今となってはわかりません。
コミケに行く人に同人誌の代行購入を頼む、ということをしました。薄い本は守備範囲外ですが、エッセイ集のようなものは大好きなので、結構買っています。今回頼んだのは、劇団雄猫さんの悪友です。テーマは恋愛だそうです。楽しみだけど、ちょっとジェラシーです。おこがましいけれど、うらやましいです。
やりたいやりたい言ってても、やらなきゃ意味はないんだなぁということを公私ともに感じる日々。

 

2017/08/10
またラジオの話をしますが、朝井リョウ氏が本間さんの話してました。これを聞いてた当時も、1年前も、本間さんのことは知らなかったけど、今は知っています。ちょっとずつちょっとずつ世界が広がっているということなのでしょうか。
今は飲み屋でひとりビールを飲みながら本を読んでます。
たぶん夏風邪をひきました。

 

2017/08/14
劇団雄猫さんの浪費図鑑を読みました。
同人誌より内容がパワーアップ。特に竹中夏海さんのインタビューがとてもよかったです。ファンは質より量、アイドルに与えてしかるべきは「肯定」とのこと。貶し愛なんて以ての外なんだろうなぁと思いました。ファンに所有欲独占欲が混じるといい結末を迎えなさそうな気がします。いや、気持ちもわかるんだけど。
その他各種オタク達による浪費の記録。皆さんいい感じにほとばしってますね。どれも納得感があったし、あと初めて知ることもあったし、とても面白かったです。Dオタがお金を突っ込むのはグッズやチケットもそうなんですが、カメラなんですね。知らなかった。ミッキーには「ご報告」も「大切なお知らせ」もないっていうの、めっちゃ笑いました。確かに、そこ盲点。
全然関係ないけど、最近いろんなジャンルのオタクしてる子達と喋ってるときに、実況者オタが「あいつらはすぐ重大発表とか緊急発表とか言うから!」って言ってたのも面白かったなぁ。ジャンルにおける重大発表の重さ、興味深いです。
ちなみに、いちばんお金がかかりそうだなと思うのは、K-POPとホストですね。前者は活動範囲が世界になるのと、後者は活動期間が毎日だからです。そんなこと言ったらソシャゲ課金もキリがないけど…。
お金を使う意味がこんなにいろいろ語られるようになったのもここ最近ではないでしょうか。応援、課金という概念。それも面白いことだなぁと思ってます。とにかくここぞというときに狂ったようにお金をかけるのはドーパミンドバドバで超楽しいし、それに対しての見返りも十分あるし、浪費、悪くないんじゃないの?って謎の肯定感に包まれました。

 

浪費図鑑―悪友たちのないしょ話― (コミックス単行本)

浪費図鑑―悪友たちのないしょ話― (コミックス単行本)

 

アフィリエイトじゃないよ。

 

f:id:daaaaa8:20170814225228j:image

日記(2017/08/01〜2017/08/04)

2017/08/01
朝井リョウ加藤千恵オールナイトニッポン0の拝聴2周目も下半期にはいりました。だんだんパーソナリティのお二人もこなれてきて各コーナーも濃縮されてきて大変おもしろいです。昨日はラジオラジオラジオのコーナーにてかぼちゃ様の鎮魂祭が流れる回を聞いて、思わず吹き出してしまいました。なんの話かわからないでしょう?youtubeで、朝井リョウ加藤千恵オールナイトニッポン0の2015年10月30日を聞いてください。非合法です。

最近は、方言をしゃべることが減って、悲しい。
え、すごいじゃーん!って言ってる。
名前も喋り方も違うわたしとして働いています。芸能人みたい。


2017/08/02
オザケンフジロックに出ましたね。
セットリストをご覧になられましたでしょうか。わたしは苗場があまりに遠すぎたので諦めたのですが、行きたかったなぁ。行きたかったなぁ。

1. 今夜はブギー・バック(with スチャダラパー
2. 僕らが旅に出る理由
3. 飛行する君と僕のために
4. ラブリー
5. シナモン(都市と家庭)
6. 東京恋愛専科
7. さよならなんて云えないよ
8. 強い気持ち・強い愛
9. 流動体について
10. 愛し愛され生きているのさ
11. フクロウの声が聞こえる

しかも、自分の出番のあとは、違うステージでそれはちょっととかやったんでしょう。うわーいいなぁ、見たかったなぁ。
正直、今のオザケンの歌をどれくらい聞きたいかって言われると微妙なところではありますが、歴史の目撃者になりたいな、と思います。

行けなかった現場はない、行かなかった現場があるだけだ。

それだなぁ。


2017/08/03
いつもお昼を一緒に食べる同僚に用事があったので、1人でお昼ご飯を食べました。弊社はぼっちに優しくなくて、1人がけの社食の椅子は高くて冷たくて居心地が悪かったので、早々にパスタを流し込み、本屋に繰り出しました。いつもはこういうとき階下のタリーズでハニーカフェオレを飲みながら携帯をぼーっと見ているのですが、今日はたまたま携帯を忘れて手持ち無沙汰だったのです。
本屋で目に付いた文庫本を買い、タリーズでハニーカフェオレを飲みながら読みました。
肝心の本は、構想もテーマも面白いのに、文章が下手すぎて、本当に悲しかったです。
作中にとてもうまい文章を書く小説家が出てくるので、その人にこれを書いて欲しいと心底思いました。
少ない言葉で多くの情報を伝えることができるのがいい小説だと朝井リョウが言ってましたが、今日読んだのら全くもってその逆の小説で、イケメンのことをイケメンって書いちゃうし、そのイケメンに心惹かれる女の人のことを、イケメン好きと書いちゃうし、情緒というものはないのかと、ぷんすかしておりました。
三谷幸喜が、文章は書かない選択ができるけれど、映像では映さない選択ができないと言っていたことも思い出しました。ご都合主義のオンパレード、そういえばで思い出しすぎ。
でも、構想もテーマも面白かったので、続きが気になっていっきに読みました。
悔しい。


2017/08/04
休暇を取って午前中から美容院へ。
前髪が短いのがとても好きなので、毎回毎回前髪を短くしてもらいますが、いっつも少し後悔します。前髪が短い自分に自信はない、というか、これがベストではないことはよくわかっているつもりです。
その後、夏休み中の母親と合流し、軽くランチをしました。暑くて地上に出る気が起きません。地下を渡り歩き、デパートを上ったり降りたりしていました。
夕方からは関ジャニ∞のコンサートへ参加するためにナゴヤドームへ。ナゴヤドーム3daysの初日であり、夏のツアー折り返しです。構成や動きが頭に入ってきていい感じです。ファン側の動きもこなれてくることに対しての賛否はありますが、幸いにも非難の対象にはされていないので、グレーかもしれないけれど、、合法的権利を行使し続けようと思います。

 

f:id:daaaaa8:20170806114907j:image

業務棚卸

転職をして1年が経とうとしています。気づけば社会人経験もまるっと5年になろとしているのでここらで棚卸しでもしてみようかなと思った次第です。棚卸しっていうかただの感想です。見る人が見たら普通に身バレしそうだな。

 

 

CS職

通販会社のいわゆるお客様コールセンターで1年くらい働いていました。簡単な問い合わせや注文もあったけれど、難易度の高いクレームやセクハラ電話もありました。責任者として対応したことはないけれど(そりゃあね)、責任者に電話を変わらないという方針のコールセンターだったので、まぁまぁエグいことも多かったような気がします。加えて営業ノルマもあったので(意味不明)、楽ではなかったけれど、バイトの延長みたいなクソみたいな気持ちで働いていたので、必要以上に病むこともありませんでした。

人生で初めてクレーム対応をしましたが、感受性豊かな人や責任感が強い人は辛いだろうなと思いました。こちらが悪いこともあれば理不尽な言いがかりもあるけれど、なんにせよ現場ができることはほぼないので、ただひたすら話を聞いて謝るだけです。「謝る」という行為自体に罪悪感も付随させてしまうとキツイよなーと思っていました。

通販会社という意外といろんなシステマチックなことが噛んでいる会社の現場やフルフィルメントを知れたことは良かったです。その後の人生において、社会の仕組みを考える上でのフレームがここで出来上がった気がします。

 

 

マーケティング

私の職務経歴書でいちばんかっこいいのがコレです。データベースマーケティングに従事していました。今でもデータベースマーケティングってかっこいいよなぁって履歴書書くたびに思ってます。

顧客データやビックデータ()というものをあーだこーだして分析して…というのをひたすら繰り返していました。概要だけ聞くとめっちゃ面白いなって思うし、学問的にも掘り下げられたりするんだろうけど、当時は糸井重里氏に傾倒していたこともあり、マーケティングというものに嫌悪感を抱いていたし、そもそもマーケティング的なもの以外が要因となることが多すぎるように思えて、こんな数字をいじくって一体何になるんだろう?という気持ちでいっぱいでした。今は、その時の肌感覚より数字は嘘をつかないことも、影響力もあるということもわかるのですが、いかんせん糸井重里氏に傾倒してたからな…。マーケティング云々の前にすでにある程度のことがやりつくされていた環境だったのも、無力感が増幅される原因だったのかもしれません。

まぁそれ以前に、分析とかよくわからなかったです。分析ってなに?数字並べてどーすんの??って感じでした。これはきっと数をこなしたり勉強したりしないとわからなかったんだと思うけど、当時はそれすらもわかっていなかったです。世間知らずだったし勉強不足でした。データベースマーケティングといっても、社内の手法はある程度確立されていて、そこにのっかっていただけだったので、統計もわからないし、SQLもわかりません。はったりです。

というわけで、終始、これは私がやることじゃない…という気持ちが拭えず、2年で辞めました。分析とかマーケティングとかなんとか言っているけれど、結局はいかに仮説を立てる力やアイディアが重要だなと思いました。ABテストのAとBが思い浮かばないっていうね…。

良かったことは、エクセルがある程度使えるようになったこと。ショートカットも覚えられたこと。データベースの基本的な考え方がわかるようになったこと。SQLはよくわからないけど、あるプログラミング言語に触れられたこと。あと、やっぱり職務経歴書がかっこいい。

 

 

営業職

なにを思ったかゴリゴリの新規営業をしていました。顧客単価1000万円前後の無形高額商品を法人相手に売っていました。飛び込みまではしなかったものの、まぁそれに近いことをしていました。業界がブラックだったのと、その中でも特に会社と経営層の思想がブラックだったので、普通につらかったです。

営業職は話が上手くなくてもよい!とか、やっぱり話が上手くないとだめ!とかいろいろ言われているけど、なんといっても人と会うことに対抗があるとキツイなと言うことを改めて感じました。就業時間が長いのも上司が気まぐれなのもつらかったけど、私がいちばんつらかったの話が毎日人と会うということでした。じゃあなんで営業職を選択したの?と言われると、なんでだろうね…浅はかだからだね…。

ただ、もし営業職しか職業選択の自由がない場合、コミュ力が低くてもやっていけるのは、ルート営業でなく新規営業だと思います。人と会うのもキツイのに、人と仲良くなるのなんて絶対無理だな…と思っておりました。実際、良くも悪くも私というパーソナリティを買ってくれて契約を結んだ顧客はゼロでした。つらい。新規営業だとムカつく人は切ればいいし、行けそうなところだけ攻めればある程度の数字は作れるし(時と場合によるが)、精神負荷は高いけれど人格否定には繋がらなそうな気がします。あとは商材にもよるかもしれない。自分でもいらないものを売るのはつらいと思います。

逆に楽しそうに仕事をしていた同僚や先輩はとにかく数字に対する意識が半端なかったです。加えて、いけそうな顧客を狙い定めて獲得するまでのプロセスやスリル、高揚感がたまらなく好きと言っていました。

良かったことは、今までの人生であまり接することがなかった経営者という人や編集者という人たちと接したことです。仕事ができる人はとにかく体力がある、そして好奇心が旺盛。

それに付随してお金を稼ぐ仕組みを知れたこともまぁ良かったです。儲かるか儲からないかという考え方を獲得しました。(儲かる方法がわかったわけではない)

 

 

バックオフィス職

なんやかんやで今はいわゆる管理部門で働いています。主に社内における「誰かがやってくれてること」をしています。 

会社の状況にもよるけど、今の会社は発展途上なのでいろいろ整えていくことも多くて、周りが見えているよりはクリエイティブだなと思っています。範囲は限定的ですが。でも思ったよりは面白いです。ちょうど良さげな記事を発見したので貼りますが、わたしもこんなことをしています。どっちでもいいじゃんと思えるようなことをセコセコと考え、発信し、提案しています。

staffblog.cookpad.com

ノルマやクレームによって精神が圧迫されることもないし、やったことに対する感謝がダイレクトだし(社員=顧客が目の前にいるので直接お礼を言われやすい)、精神的な安定は保たれやすいです。

ただいかんせん、仕事がダサい。所詮「誰にでもできる仕事」のイメージが強いし、代替可能感もあります。少なくとも1個1個の作業は「誰にでもできる仕事」だし、少なくなくとも覚えて慣れればだいたい誰にでもできます。やや被害妄想かもしれませんが、みんな優しくしてくれるけど敬ってはくれないです。今は「総務の女の子」でしかなく、将来も「総務のおばちゃん」にしかなりようがないと思うと、まぁ別にいいんだけど、なんだかな、と思ったりもします。部長や役員にまでなればまた別かもしれませんが、そこまでいかない限り、仕事をスムーズにこなせばこなすほど、下働き感が助長され、どんどんダサくなるループ。でもそれも精神的安定とトレードオフなら仕方ないです。そんなことは日常の微々たるものです。意外と仕事も暇じゃないし、今のところは飽きていないです。

あと、気づいたことは、事務作業めっちゃ難しい!!!間違えないことに最も価値がおかれるってめっちゃ難しいです。だって間違ってるか間違ってないかなんて間違ってるうちは気づかないからね。最近はひたすら紙に書くことでクリティカルなミスは減りましたが、それでもしょうもないミスを連発してしまいますね…これは訓練しかないかな…。

 

 

そんな感じで、異動だったり転職だったりと、わりといろんなことをしてきました。コンプレックスはコレができる、コレをやってきたという確固たるものがないことです。キャリアプランがぐらぐらなので。

転職した方がいいか、長く勤めてわかることがあるのか、知らないけど、だいたいの転職先は試用期間があるので、よく考えたら生涯有給が少ないかもしれません。だからって別に困ることはないですが、明らかに比較できるものとしてはそれくらいかなぁと思います。 

 

良いところと悪いところと感想を書いたつもりだったけど、読み返すと文句ばっかり言ってますね。それでもちゃんと働いてるしお給料ももらってるので良しとしてください。