読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キンモクセイのライブとオザケンのDVDビューイングハシゴした日 前編

わたし的もっと評価されてもいいんじゃないのアーティスト1位のキンモクセイのライブを見にsole cafeに行ってきた。正確にはキンモクセイのボーカルの伊藤俊吾さんとギターの佐々木良さんのライブだ。
わたしがキンモクセイに出会ったのは2002年キンモクセイ史上最も売れた「二人のアカボシ」だが、ハマりだしたのはその次に出た「七色の風」だった。アルバム「音楽は素晴らしいものだ」はそれこそすり切れるくらい聞いたし、そのあともアルバムは追っかけ続けていた。しかしタイミングが合わずライブにはいけず、そうこうしているうちにキンモクセイ自体が活動を休止してしまった。
現在は各々がユニットをくんだり、ソロで歌ったりと、キンモクセイとは違う形で音楽活動を続けているようだ。わたしはあくまでもキンモクセイがすきだったこともあり、ソロやユニットは追っていなかった。そんな風に活動していることすらあんまり知らなかったというのもある。それでも何かのきっかけでsole cafeでキンモクセイの二人がライブをおこなうことを知り、足を運んでみたのだった。
その感想。

 

 

え、ていうかキンモクセイめっちゃかっこいじゃぁ〜ん!!!

 

 

歌い始めてすぐ思ったのこれね!!!脳内松尾みゆき(長澤まさみ/モテ期)がケラケラ笑いがら指さしたよね。なんだかっこいいじゃあん!って。キンモクセイが売れない理由はビジュアルだとか本当に失礼なことを言って申し訳ありませんでしたと3億回土下座したいぐらい普通にかっこよかった。特にボーカル伊藤さん。ギターを持ち替えキーボードをさらっと弾き、あの声で歌われたら普通に結構メロメロになる。表現が古い。楽器できる人かっこいいってミュージシャンにあるまじき感想を抱きながら、このセクシーさはなんなんだろうと高まる鼓動を抑えきれないこの感じ。やばい、すき!
そもそもすきになったのが中学生。そこから、うっすらとはいえ常に心の片隅にキンモクセイは居た。そりゃあ思いも募っている、というわけで、そのひとが目の前で歌っていることに素直に感動してしまう。この声このメロディーこのコードこのリズム。昔から音源で聞いてきた、音源でしか聞いたことがなかった音楽が目の前で披露されるとこんなに感覚が反応するのかと驚いた。半分以上知らない曲だったんだけれど、飽きることも嫌になることもなく、そこに明らかに感じられるキンモクセイらしさで脳内と体内が満たされていく。幸福とはこのことではないかと。

その後手売りの物販があり、CDを2枚買った。自分が思っている以上に緊張した。この気持ちなんだろうって思ったけれど、すきな人にすきって伝えるのって、それつまり告白じゃないか、そりゃ緊張するだろう?震えながらもよかったですってことだけ伝えて、握手してもらった。高揚感。わたしこんなにキンモクセイのことすきだったんだな。

 

キンモクセイはもう活動休止して6年になる。二人のアカボシがかなり売れたからこそ、そこから(少なくともオリコンランキング的には)奇麗に転落していってしまった感もある。その辺りをどう考えているのか、どう思っているのか、調べてお勉強したくなったけれど、今回は辞めておこうと思った。すぐ物語を取得したくなるのは癖なのだけれど、それは無粋だと思った。そうじゃなくもっと純粋に楽曲を楽しんだらいいじゃないか。


いいライブがなにかという基準はいろいろあると思うけれど、単純に時間が早くすぎることという観点で言えば、間違いなくいいライブだった。すきな曲をきいて、楽しいおしゃべりをきいて、とてもよい時間だった。

 

これも正直MVはどうなのっていう感はあるが、かっこいい。


キンモクセイ 車線変更25時 - YouTube