読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vol.5

おはようからお休みまでを1日とするライオンシステムを採用しています。

 

 

 

赤色のセーターがほしいと思った。先日買ったカーディガンもエンジだったし、今着てるニットも赤紫っぽい色だ。このままだといっつも赤着てるねあの人って言われる。還暦なのかなって言われる。還暦なのかなwwwwwって言われる。還暦じゃねぇしって言う。なにそれ。

 

 

最近は赤紫みたいな、エンジみたいな色を、バーガンディって言うらしい。わたしは今年初めて聞いたけれど、何年か前から言われていたらしいし、なんなら色は普通に存在していたのだろう。バーガンディって絶対「ヴァーガンディ」だろうって思ってググってみたらburgundyで見事にバーガンディだった。それでも言葉の響きと色の雰囲気からしていまだにvagandyくらいだと思っている。絶対ヴァだろ。
バーガンディ、なんてことない「ブルゴーニュ(Bourgogne)」の英語名からきているらしい。もともとはブルゴーニュ地方のワインのことで、それが転じて赤ワインっぽい色のことをさすようになったらしい。ボルドーは茶色っぽいけどバーガンディは青みがかっていて、でもワインレッドよりは茶色くて暗いらしい。すごい賢くなっているぽいのになにもわからない!アイヌ人は雪をあらわすことばが大量にあるっていうまことのようなウソ話もあるけれど、だとしたらワインレッドっぽいいろいろをこんなにこまめに分けたい人っていったい誰なんだ。デザイナーか?なんだかとにかく難しい話だなぁと思った。