深夜の迷惑メール

おとついくらいから迷惑メールがくるようになってしまった。今回はよくある「諸事情でお金送りますメール」だけれど、30分に1回ほど送られてくるのがたいがいうっとおしい。ぜんぶ違うアドレスから送られてくるので拒否もできなくて困ってしまう。



そんな迷惑メールだけれど、0時から6時まではぱたりと送られてこなくなるということに気づいた。
なんでだろう?
ちょっと考えてみた。



1.迷惑メール送り係のひとが寝る
深夜は寝るひとが迷惑メールを送ってくるのだとしたら、送信もとまるのかな?と思う。となると、このひとは30分に1回わたしに迷惑メールを送ってくる仕事をしているのか、さすがにわたし専用ではないはずだからひたすら1日中迷惑メールをぽちぽち送信しているのだろうか。そうだとしたら結構たいへんな仕事だな、とも思う。
いやでも、ひとりで睡眠以外の時間メールを送り続けるのは酷だから、何人かで交代してるのかもしれないな。
どっちにしろ、単純作業ではあるしパソコンを見つめ続ける仕事ではあるから、たいへんはたいへん。
いやさすがに自動でしょ?って、わたしもそう思う。


2.0時〜6時のクリック率が低い
マーケティング部ぽいことを言ってみる。
大切なのは効率だ。いかに効率よくメールを開かせ、クリックさせるか。いくらネット住民は夜行性だといっても、大半の人はある程度規則正しい生活をしているように思う。最近では睡眠前のスマホいじりはやめましょうなんていうことも言われているし、寝る前にわざわざ出会ってやろうというひとも少ないだろう。ということで、0時から6時はメール開封率及びクリック率が低いのではないか。そこまで調査して効率をあげ、ROIをうんたらかんたらしているのかもしれない。
そうだとしたら、教えてあげたいのが、メールがいかに低コストで送れるかということ。具体的にいくらかかるかは時と場合によるとは思うけれど、DMやチラシなんかとは比べ物にならないくらい安い。だからこそ、数うちゃ当たるではないのか。
もちろんその中でも効率とか考えているのかもしれないが、そこまでいうなら他の商売を始めた方がいいのでは?と思ってしまう。もしそんなに迷惑メール会社って儲かるのならば尚のこと6時間のコストを削るより、そこを獲得しにいく方がかしこそう。



3.気を使っている
お客様に迷惑がかかるので、深夜のメール配信はやめておきましょう、スマホを枕元に置いたまま寝る方も大勢いらっしゃいます、気づかいができてこそ、顧客と良好な関係を築くことができます、
ってばか!

びっくりするよ!思わずノリツッコミだよ!あーもう!


もし万が一これが理由だったら、わたしは顧客視点を懇々と説く。

ていうか客じゃない。客じゃないしほんともうやめてほしい。わたしは見ず知らずのひとから500万を受け取るつもりはさらさらない。
さらさらないんだけれど、0時から6時まで迷惑メールがとまる理由は相変わらず気になるので、誰か知ってたらぜひ教えてほしい。
あと、迷惑メールのとめかたも教えてほしい。

広告を非表示にする