読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロシア

■静岡の話
先週の土日で静岡に旅行にいった。
当初の目的である「おいしいものを食べる」を完遂できてとても満足した。
観光らしい観光はあまりしてないけれど、わたしにとって旅行は住居を離れること>食事>観光の優先順位でなりたっているので、なんの問題もなかった。

道中で、浜松駅周辺と静岡駅周辺をチラ見して思ったのだけれど、地方都市の発達っぷりはすごい。
大都会じゃなくても、街は十分綺麗で、人は少なくて、住みやすそうすぎて感動する。
こういうところで生活するのが一番だなぁとつくづく思う。
そもそも地方都市の定義も難しいけれど、私の中では「駅前の大きめショッピングモール」「郊外のイオンモール」「ロフト」「東急ハンズ」「車で移動」があれば地方都市だ。(ちなみに地元三重は「郊外のイオンモール(ばかでかい)」と「車で移動」しかないのでただの地方。)
上記4施設があれば生活+αで困ることはまずないだろう。
しかも車で行けちゃったりして、暑くも寒くも疲れることもなく遊べるし、なんというか、まさに、VIVA!
そりゃあ都会に比べてお店が少なかったり最先端のものは少なかったりするのだろうが、この大インターネット時代において、物欲を満たすのにわざわざ都心に住む必要性を感じない。
強いて言えばイベントやオシャレスポットはあまりないだろう。
地方都市では、平平凡凡中流万歳な日常しか訪れないことは容易に想像できる。
ただこれも刺激がほしけりゃ自分で動けばいいだけの話。
それこそ時は大インターネット時代。
情報なんていくらでもはいってくるし、そこに足を運ぶこともいくらでもできるからとりあえずOKということでいいだろう。

そんなこんなで地方都市で一生過ごしたい気持ちがますます強くなった。

一つだけ懸念事項があるとすれば、飲み会が不便すぎるということ。
代行、タクシー、どちらもものすごくお金がかかるということはぼんやりとわかる。
これに対する正答はまだ得られていない。誰か教えてください。


■静岡の話その2
静岡ってかなりでかいのだということを初めて実感した。
「まるでロシアだね」って言われた。
Russia of Japan is SHIZUOKA.